リバプールに大打撃 チェンバレンが右膝靭帯損傷が判明、ロシアW杯出場も絶望的に

チェンバレンが右膝靭帯損傷が判明、ロシアW杯出場も絶望的に…【写真:Getty Images】
チェンバレンが右膝靭帯損傷が判明、ロシアW杯出場も絶望的に…【写真:Getty Images】

ローマとのCL準決勝第1戦、接触プレーで負傷して途中交代

 リバプールのイングランド代表MFアレックス・オックスレイド=チェンバレンは、現地時間24日のUEFAチャンピオンズリーグ準決勝ローマ戦(5-2)で右膝を負傷した。検査の結果、靭帯損傷と判明し、長期離脱が確定。6月に開幕するロシア・ワールドカップ(W杯)出場も絶望となった。英公共放送「BBC」が報じている。

【PR】今なら初月無料登録実施中のDAZNが、来季からCL・ELも放送することご存知ですか?

 24歳の万能MF本拠地アンフィールドで行われたローマとの第1戦に先発出場していたが、セルビア代表DFアレクサンダル・コラロフとの接触プレーで負傷。前半18分で途中交代を強いられた。翌日に検査を受けると、靭帯損傷の重傷と判明した。

 リバプールは公式声明で「オックスレイド=チェンバレンの負傷の程度から考えて、リバプールでの残りの試合とイングランドのワールドカップも欠場することになる」と発表した。

 直近のイングランド代表メンバーにも名を連ね、アーセナルから移籍1年目で公式戦41試合に出場するなどチームを支えていたチェンバレン。「この大事な時期に負傷してしまい、本当にショックを受けている」などと悲痛なコメントも残している。

 躍進を遂げるリバプール、そしイングランド代表双方にとって大きな打撃となりそうだ。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

(Football ZONE web編集部)

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング