FC東京「新旧監督対決」 長谷川健太が語る「指揮官・城福浩」の印象とは?

(右)長谷川監督は、(左)城福監督に対して、どのような印象を抱いているのだろうか【写真:Getty Images】
(右)長谷川監督は、(左)城福監督に対して、どのような印象を抱いているのだろうか【写真:Getty Images】

広島は第9節終了時点でリーグ新記録の勝ち点「ああいう結果を残してもおかしくない」

 J1のFC東京は、25日のリーグ第10節でサンフレッチェ広島をホームで迎え撃つ。リーグ1位と2位の直接対決に加え、広島の城福浩監督がかつて指揮した味の素スタジアムに凱旋するとあって、この一戦の注目度は高い。首都クラブの第13代指揮官である長谷川健太監督は、5歳年上の“先輩”の印象について「組織的なチームを作る印象」と警戒する。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 FC東京は開幕3試合こそ未勝利(1分2敗)だったものの、第4節の湘南ベルマーレ戦(1-0)から4連勝を飾るなど5勝1敗と調子を上げ、2位に浮上した。リーグ最少失点(2)の堅守をベースに唯一無敗(8勝1分)で首位を走る広島に挑むが、長谷川監督は「堅いチーム」と対戦相手を分析する。

「ウチとしては(ここまで)順調に来ていると思っています。広島が走りすぎている。とはいえ、経験のある選手が各ポジションにいて、チームとして機能すれば、ああいう結果を残してもおかしくない」

 データ分析会社「オプタ」によれば、広島が獲得している25ポイントは第9節終了時点の成績としてはリーグ新記録。ライバルたちに9ポイント差以上をつけており、“走りすぎ”というフレーズも頷ける。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「なんて美しいシャツだ」 J3松本の新ユニフォームを海外絶賛、ミントカラー採用デザイン「これは可愛い」と称賛

  4. 「いい加減にしろ」 浦和DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害の疑惑判定に反響拡大「ふざけすぎだろ」

  5. 「史上最悪だ」 まさかのミス発覚…アーセナル10番MFの衝撃タトゥーに英反響「なんてことだ」

  6. シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」「夢のようだ」

  7. 「まぁこれ位はねぇ」 小野伸二、超絶ベルベットタッチに涼しい顔でJリーガー脱帽「やってみたけど全く止まらない笑」

  8. 相手に蹴り→一発退場→解雇の衝撃拡大 広州DFの処遇に中国人記者見解「報復キックはかなり一般的」

  9. 「惚れてしまう」 キング・カズがイタリアンレストラン満喫 赤パーカーのカジュアル服で隠せない強烈オーラ

  10. 「さすがスター!」 キング・カズ&ヤス兄弟が寿司店で“神対応”、ブラックスーツの強烈オーラ反響「カッコ良すぎる」