「やはりこの男の左足!」 磐田MF中村、絶妙ピンポイントクロスで“ダメ押し弾”演出

磐田MF中村、絶妙ピンポイントクロスで“ダメ押し弾”演出【写真:Getty Images】
磐田MF中村、絶妙ピンポイントクロスで“ダメ押し弾”演出【写真:Getty Images】

仙台戦でセットプレーから田口の移籍後初ゴールをお膳立て

 J1ジュビロ磐田は21日にリーグ第9節ベガルタ仙台戦で3-0と勝利。元日本代表MF中村俊輔のピンポイントFKからダメ押しの3点目が生まれたが、DAZN公式ツイッターは得点シーンの動画を公開するとともに「やはりこの男の左足!」と速報している。

【PR】試合当日に密着したDAZN×名古屋グランパスのドキュメンタリー番組『The Locker Room』配信中!

 0-0で前半を折り返した試合は、後半一気に動く。同11分、磐田MF田口泰士が右足ボレーを放つと、相手に当たったこぼれ球をMF松浦拓弥が押し込んで先制。さらに、その2分後にはドリブルで持ち上がったDF小川大貴がペナルティーエリア外から左足を一閃し、強烈なミドルを突き刺して追加点を奪う。

 2点リードで迎えた後半37分、磐田は敵陣右サイドでFKを獲得する。キッカーを務めた中村はやや巻き気味の低空クロスを入れると、ペナルティーエリア左から中央に飛び込んだ田口が頭で合わせて3点目。10番の“黄金の左足”から田口の移籍後初ゴールが生まれた。

「DAZN」公式ツイッターが「やはりこの男の左足! 中村俊輔のFKから田口泰士が飛び込んだ!」と動画付きで速報。「これだけドンピシャで合わせるとゾーンが通用しないな」とコメントが寄せられた。

 中村は3月に左大腿二頭筋肉離れで一時離脱したものの、戦線復帰を果たして調子も上向きのようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング