“浦和の星”ルーキーDF橋岡が1アシスト 足がつった時、槙野に掛けられた言葉は?

ルーキーの橋岡、正確なクロスで興梠のゴールをアシスト【写真:Getty Images】
ルーキーの橋岡、正確なクロスで興梠のゴールをアシスト【写真:Getty Images】

清水戦で2戦連続スタメンのDF橋岡、正確なクロスでFW興梠のゴールをアシスト

 J1浦和レッズのユースから昇格したルーキーが、暫定監督として苦しいチームを救おうとしている恩師に勝利を届けた。浦和のDF橋岡大樹は15日のリーグ第8節、清水エスパルス戦で2戦連続のスタメンに立つと、FW興梠慎三のヘディングシュートをアシストする絶妙なクロスを上げて2-1の勝利に大きく貢献した。

 浦和は4月1日までの公式戦で1勝2分4敗の低空飛行でスタート。堀孝史監督との契約を解除し、強化体制を刷新するに至った。そうしたなかで、ユースチームの監督も務めていた大槻毅育成ダイレクターが暫定監督に就任。その初戦となったルヴァン杯サンフレッチェ広島戦を0-0で引き分けると、その後はリーグ3連勝を飾った。

 そのなかで、大槻監督にとって貴重な戦力になっているのが“愛弟子”である橋岡だ。大槻体制の初戦では4バックの右サイドバックというこれまでにも経験があるポジションを務めたが、リーグデビューとなった前節のヴィッセル神戸戦とこの清水戦では、3バックシステムの中で右ウイングバックを務めて精力的にアップダウンを繰り返した。大槻監督も「彼は走れる。今、あのモビリティーがないとしんどい。守備に関しては計算が立つ」と、すでに戦力として十分であるからこその起用だと話した。

その橋岡は、1-0で迎えた前半29分にチームの2点目を導いた。ハーフウェーライン付近の右サイドで縦パスを受けると、相手との駆け引きに勝利してターン。そのまま縦にボールを運び、中央の興梠の頭にピタリと合うクロスを供給した。橋岡は、狙い通りのクロスだったと振り返っている。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング