敗退でも優勝メダル!? バルサMFコウチーニョ、古巣リバプールCL4強で珍事の可能性

現在はバルセロナでプレーするMFコウチーニョ【写真:Getty Images】
現在はバルセロナでプレーするMFコウチーニョ【写真:Getty Images】

シーズン途中にリバプールからバルサへ移籍 大会規定により新天地では出場資格なし 

 スペインの名門バルセロナはUEFAチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝でローマ相手に逆転負けを喫し、3季ぶりの優勝はなくなった。リーグ、国内カップとの三冠も絶たれたが、ブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョは優勝メダルを手にできる可能性があるという。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じた。

【PR】今なら初月無料登録実施中のDAZNが、来季からCL・ELも放送することご存知ですか?

 コウチーニョは今季、リバプールの選手としてCL5試合に出場(5得点)。1月の移籍市場でバルセロナに移籍したが、規定により新天地では大会出場資格がなかった。

 バルセロナはローマとの準々決勝に2戦合計スコア4-4、アウェーゴールの差で及ばずにベスト8敗退。その一方で、コウチーニョの古巣であるリバプールはマンチェスター・シティとの同国対決を2戦合計スコア5-1で制し、10季ぶりのベスト4進出を果たしている。

 バルサの3季ぶり優勝の可能性がなくなった一方、リバプールは2004-05シーズン以来となるCL優勝の可能性が残されている。そして、仮にリバプールが戴冠した場合、すでにバルセロナに籍を移したコウチーニョも優勝メダルを手にする権利があるという。

 記事によれば、CL優勝チームには40枚の優勝メダルが送られるが、コウチーニョにメダルが渡るかはクラブの判断となるようだ。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

トレンド

ランキング