ハリルとJFA…「真実の攻防」 韓国紙も「日本サッカーの内紛」と注目

(左から)ハリルホジッチ前監督と西野朗新監督【写真:Getty Images】
(左から)ハリルホジッチ前監督と西野朗新監督【写真:Getty Images】

ハリル監督が7日付で解任、西野新体制が発足…W杯決定後の監督交代は日本史上初

 日本サッカー界が揺れている。日本サッカー協会(JFA)は9日、7日付でバヒド・ハリルホジッチ監督の解任を発表した一方、技術委員長を務めていた西野朗氏が後任の座に就くことが決まった。しかし、ハリル氏がこの決定に不満を表明していると一部で報じられており、韓国紙「スポーツ朝鮮」は「日本サッカー界の内紛」と注目を寄せている。

【PR】J.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 6月のロシア・ワールドカップ(W杯)まで残り2カ月余りのなか、8日深夜に突如として電撃解任の一方が伝えられ、それを受ける形で9日16時からJFAが記者会見を実施。田嶋幸三会長がハリル監督の解任と西野新体制の発足を口にした。

 W杯出場決定後の監督交代は日本サッカー史上初の出来事。田嶋会長はJFAと協会の間に「摩擦があったとは思わない」と公言しているが、ハリル監督は契約解除に納得していない様子で、一部報道ではJFAへの批判が伝えられている。同紙も「ハリルがJFAに宣戦布告した」と受け止めているようだ。

 ハリル氏がこれから語るコメント次第では、波紋は一層広がる可能性を秘めている。同記事でも“真実の攻防”と表現し、「日本サッカー協会とバヒド・ハリルホジッチ監督の真実の攻防。簡単に終わるはずがない」と今後を展望した。

 一連の出来事はいまだ収束の目途が立っておらず、「日本サッカーの内紛」と韓国紙も注目している。

(Football ZONE web編集部)

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング