香川真司、プレミア復帰の可能性を英紙分析 エバートンにとっては「欠けたピース」

英2クラブに移籍の噂が浮上しているドルトムントの日本代表MF香川真司【写真:Getty Images】
英2クラブに移籍の噂が浮上しているドルトムントの日本代表MF香川真司【写真:Getty Images】

英2クラブに移籍の噂が浮上 エバートンを率いるアラダイス監督の求める戦力と指摘

 ドルトムントの日本代表MF香川真司は、プレミアリーグのエバートンやウェストハムへの移籍が噂され始めている。英メディアでは、香川のプレミア再上陸の可能性についてどのように見られているのだろうか。

【PR】プレミア観るならDAZN!最終盤、CL・EL圏内に残るチームはどこだ!

 英紙「ザ・サン」は、「エバートンとウェストハムがシンジ・カガワを求めている」として、移籍の噂を特集している。

2014年以来のプレミアリーグ復帰の可能性が浮上しているなかで、「日本のプレーメーカーはオールド・トラッフォードでの2年間は合格ではなかった」と過去の実績を伝えている。

 その一方で、「エバートンは昨夏に多くのセントラルプレーメーカーを獲得したが、デイビィ・クラーセンなどは、もはやシニアチームでトレーニングをしていない。サム・アラダイスは、香川を彼のジグソーパズルに欠けているピースとして見ているようだ」と、現在エバートンを率いるサム・アラダイス監督が求める戦力だと分析している。

 エバートンは今季、香川と元同僚の元イングランド代表FWウェイン・ルーニーやアイスランド代表MFギルフィー・シグルズソンら大型補強を敢行したが、リーグ戦9位と苦しんでいる。来季の復活を掲げる上でのキーマンとして、香川が注目されているようだ。

世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

トレンド

ランキング