「歴史的大敗」「史上最もバカげた夜」 CL8強“大逆転負け”のバルサ、地元紙酷評の嵐

CL8強第2戦でローマに0-3完敗、アウェーゴールの差で敗退決定【写真:Getty Images】
CL8強第2戦でローマに0-3完敗、アウェーゴールの差で敗退決定【写真:Getty Images】

CL8強第2戦でローマに0-3完敗、アウェーゴールの差で敗退決定

 スペインの名門がクラブ史に残る大失態を犯した。UEFAチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝の第1戦で3点リードを奪っていたバルセロナは、現地時間10日の敵地第2戦でローマに0-3で敗戦。2戦合計スコアは4-4で並んだが、アウェーゴールの差で敗退が決定し、スペインメディアでは「歴史的大敗」「史上最もバカげた夜」と一斉に報じた。

【PR】今なら初月無料登録実施中のDAZNが、来季からCL・ELも放送することご存知ですか?

 カンプ・ノウでの第1戦を4-1で勝利していたバルセロナだが、最終的にはホームで相手に許した1点が大きくモノをいう結果となった。

 試合開始早々の6分、ローマのボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ジェコに先制ゴールを許すと、後半13分には元イタリア代表MFダニエレ・デ・ロッシにPKを決められて1点差に詰め寄られた。そして、迎えた同37分、セットプレーからギリシャ代表DFコスタス・マノラスのヘディングシュートでゴールを割られ、トータルスコアで4-4に持ち込まれた。

 試合はそのままタイプアップを迎え、アウェーゴールの差でローマがCLで初の4強進出を決めた。

 スペイン地元紙「ムンド・デポルティーボ」は、この試合の結果を「バルサ、歴史的大敗」との見出しで伝えた。「ローマが驚異的な巻き返しを果たし、バルサはヨーロッパの舞台から去る」とローマの強さを称えた。

世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

トレンド

ランキング