西野ジャパン発足で「火消し」 韓国が“解任騒動”に注目「W杯につながるか未知数」

韓国メディアは「ベテランの国内監督を選んで、(ハリル解任騒動の)火消しをした」と報じた【写真:Getty Images】
韓国メディアは「ベテランの国内監督を選んで、(ハリル解任騒動の)火消しをした」と報じた【写真:Getty Images】

韓国メディアも日本代表の監督交代劇をレポート 「解任という衝撃療法を選択」

 ロシア・ワールドカップ(W杯)開幕まで約2カ月と迫るなかで日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督が電撃解任され、新指揮官に西野朗氏が就任したことについて、韓国メディアも一斉に報じている。

【PR】J.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 各メディアは西野新監督の経歴を紹介しており、総合ニュースサイト「ニュース1」は「日本代表ハリルホジッチ監督の後任に“ベテラン”西野技術委員長を選任」との見出しをつけて報道。総合ニュースサイト「ニューシス」は「西野監督は1996年アトランタ五輪に日本を28年ぶりに出場に導いた指導者」、「Jリーグの柏レイソル、ガンバ大阪、ヴィッセル神戸、名古屋グランパスなどで監督を務めて、通算270勝を達成。Jリーグ歴代最多勝の指導者」と紹介。さらに「2016年3月から日本サッカー協会の技術委員長を務めた」と伝えている。

 一方でスポーツ総合サイト「スポータルコリア」は、「日本の衝撃療法、西野氏の選択は急速な火消しのため」と少々刺激的なタイトルで記事をまとめている。

「最近のAマッチ3試合連続で勝利なしの結果と急激に落ち込んだ試合内容から、本大会でも同じことが繰り返されるのかという懸念があった。結局、本大会まで残り2カ月という短いスパンで、解任という衝撃療法を選択した」と伝えている。

 ただ、それは“良い意味での選択”と「スポータルコリア」は指摘していた。

世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

トレンド

ランキング