C・ロナウド、世紀のオーバーヘッド“再現弾”に世界驚愕 「唯一無二」「間違いなくマシン」

レアル公式ツイッターが公開 CLユベントス戦後に再びオーバーヘッドでゴラッソ

 レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、現地時間3日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝ユベントスとの第1戦(3-0)で、歴史に残る華麗なオーバーヘッドキック弾を決めて全世界から称賛を浴びているが、再び驚愕のスーパーゴールを叩き込み大きな反響を呼んでいる。

【PR】J.ZONEでしか見られない名預言者!解説者水沼貴史氏が感じる「入るシュートの感覚」とは?

 2018年に入ってから絶好調の稀代のゴールマシンだが、その勢いはとどまるところを知らない。2ゴール1アシストと全得点に絡んだユベントス戦では、後半19分にスペイン代表DFダニエル・カルバハルの右サイドからのクロスに対して、的確なポジショニングを取ると、アクロバティックなオーバーヘッドキックでジャストミートし、イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンが一歩も動けない衝撃的な弾道でゴールネットを揺さぶった。

 CL史に残るゴラッソとなったが、試合翌日にはレアル公式インスタグラムが「習うより慣れろ」とのメッセージを添えて1本の動画を公開。実はユベントス戦の前日に、試合会場のアリアンツ・スタジアムで行われた練習でオーバーヘッドキックによるゴールを決めていたと伝え、ファンの間では“練習の賜物”として感嘆の声が上がっていた。

 だが、“超人”ロナウドは歴史的な一撃を決めた後にもスーパープレーを見せていた。レアル公式ツイッターは現地時間7日に、「再び」との一言を添えて1本の新たな動画を公開。そこにはゲーム形式でのトレーニングで、まるでリプレーを見ているかのようなオーバーヘッドキック弾を叩き込むロナウドの姿が映っていた。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング