バイエルンMFロッベン、“マンU移籍未遂”の過去を告白 「もしオファーがあれば…」

ロッベン、“マンU移籍未遂”の過去を告白【写真:Getty Images】
ロッベン、“マンU移籍未遂”の過去を告白【写真:Getty Images】

当時の指揮官ファーガソンとマンチェスターで夕食「全てが上手く進んでいた」

 バイエルンの元オランダ代表MFアリエン・ロッベンは、34歳となった今も世界有数のウインガーとして活躍している。2004年にオランダのPSVからチェルシーへ渡ったことが大きなターニングポイントの一つとなったが、その前に別の名門クラブに移籍する可能性があったという。英サッカー専門誌「フォー・フォー・トゥー」のインタビューで明かした。

【PR】今なら初月無料登録実施中のDAZNが、来季からCL・ELも放送することご存知ですか?

 ロッベンが移籍する可能性があったのが、“赤い悪魔”の愛称を持つプレミアリーグの強豪マンチェスター・ユナイテッドだ。ロッベンはPSV時代に当時のアレックス・ファーガソン監督と会食を行っていたという。

「僕は(ファーガソンと)マンチェスターで夕食を食べて、良い会話をしたんだ。フットボールと生活のことを話したよ。トレーニンググラウンドにも行ったし、全てが上手く進んでいた」

 ロッベンは記事でこう語った。プライベートな場ではあったが当時の指揮官と接触し、ユナイテッド移籍の可能性もあったという。しかし、そこから正式オファーに発展することはなかったようだ。

世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング