日本のサッカー人気を“野球級”へ 元独代表ポドルスキが提言「米国を見習うべき」

ポドルスキ、日本での生活は「全てが素晴らしい」と称賛【写真:Getty Images】
ポドルスキ、日本での生活は「全てが素晴らしい」と称賛【写真:Getty Images】

ロシアメディアで言及 日本での生活は「全てが素晴らしい」と称賛

 元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキはJ1ヴィッセル神戸で在籍2年目のシーズンを戦うなか、日本での生活について「全てが素晴らしい」と語っている。そんななか、日本のサッカー人気を“野球レベル”にまで高めるには「アメリカの例を見習うべき」と主張している。ロシアテレビ局「RT」が報じた。

【PR】J.ZONEにおけるPKの逸話をご存知ですか?答えはDAZN登録後に!

 昨年7月にJリーグデビューを飾ったポドルスキは今季、2015年の韓国代表MFチョン・ウヨン以来、神戸史上二人目となる外国籍キャプテンとしてチームを率いている。「今は全てが良い。ここに来て8カ月か9カ月になる。自分と家族にとって人生は上手くいっているよ。食事や安全面、それに人々も親切。全てが素晴らしい」と称賛。日本での生活に満足しているという。さらに神戸の未来については、次のように展望している。

「神戸を別レベルに引き上げたいと思っているが、それには時間がかかる。1年では難しい。3~5年後には、このクラブをアジアのトップクラブにすることができるだろう。それが私たちの目標です。ピッチ内外でチームを助けること。それこそ私がここにいる理由です」

 6月のロシア・ワールドカップに臨む日本代表について楽観視しているというポドルスキだが、日本におけるサッカー人気には思うところがあるようだ。「この国には多くの可能性がある」としつつ、「日本はサッカー人気を野球のレベルにまで近づけないといけない」と言及。その方法の一つとして、アメリカを引き合いに出している。

世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

トレンド

ランキング