「厳しい結果」 キャプテン長谷部も表情冴えず「良かった点を探し出すのは難しい」

長谷部はウクライナ戦後、「厳しい結果になった」と振り返っている【写真:Getty Images】
長谷部はウクライナ戦後、「厳しい結果になった」と振り返っている【写真:Getty Images】

欧州遠征1分1敗に「しっかり受け止めないといけない」

 日本代表は27日、ベルギーのリエージュでウクライナ代表と対戦し“仮想ポーランド”と見立てた一戦に1-2で敗れ、23日のマリ戦(1-1)と合わせて欧州遠征は1分1敗に終わった。キャプテンのMF長谷部誠は試合後、「厳しい結果になった」と振り返っている。

【PR】J.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 日本はマリ戦でベンチスタートだったFW本田圭佑や、出番のなかったMF柴崎岳、FW原口元気らをスタメンで起用。前半を1-1で折り返して迎えた後半24分、左サイドを崩されてから最後はMFオレクサンドル・カラバエフにミドルシュートを決められ1-2で敗れた。

「今日の試合に限らず、前回のマリ戦も含め、今回のシリーズは厳しい結果になった。これをしっかり受け止めないといけない」

 試合後、長谷部はこう振り返っている。ウクライナ戦で収穫はあったかと問われたが、「このようなゲームをした後なので難しい」と苦笑いを浮かべ、「結果として今日は負けているので、良かった点を探し出すのは難しいが、良かった点と修正すべき点を冷静に探さなければいけない」と続けた。

世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング