「W杯ではより良いイメージの日本を…」 ハリル監督、ウクライナ戦黒星もW杯へ持論

ハリル監督、ウクライナ戦黒星もW杯へ持論【写真:Getty Images】
ハリル監督、ウクライナ戦黒星もW杯へ持論【写真:Getty Images】

今回の遠征は1分1敗と未勝利も、マリ戦からの内容の向上に手応え

 日本代表は27日に国際親善試合ウクライナ戦に1-2で敗戦。バヒド・ハリルホジッチ監督は「前回のマリ戦より良い試合ができたと思う」と前を向き、「日本代表にとって大きな難しいチャレンジが待っている」と語った。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 今回の欧州遠征は、ロシア・ワールドカップ(W杯)のグループリーグで対戦するセネガルとポーランドを想定したマッチメークを組んだなか、マリに1-1で引き分け、ウクライナには1-2で敗れた。2試合で1分1敗に終わったが、指揮官は内容の向上があったことを前向きに捉えている。

「まだ準備ができているとは言えないが、次回に集まった時に良い形を作りたい。二つのテストマッチだったが、そこで多くの選手を見た。また、レギュラーで今回呼べなかった選手もいる。なので、ワールドカップの時にはより良いイメージの日本代表を見せられると思う」

 今後は5月下旬まで代表活動の時間が空き、欧州でプレーする選手はシーズン最終盤、国内組は過密日程を乗り越えてからのメンバー選考になる。本大会直前となる活動に向け、「我々は決意と意欲を持って、ワールドカップに向けて準備をしていく。日本代表にとって大きな難しいチャレンジが待っている。そこに挑むためにしっかり準備をしたい」と所信表明した。

世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング