ベンゲル監督が戦友ジェラードにメッセージ「彼のような人間でありたい」

リバプールに忠実であり続けたジェラードに賛辞

 アーセナルのアーセン・ベンゲル監督が、今季終了後にリバプールを去るMFスティーブン・ジェラードにメッセージを送っている。クラブ公式サイトが伝えている。

 リバプールは16日、今季ホーム最終戦となるクリスタル・パレス戦を迎える。この試合は来季LAギャラクシーへの移籍が決定しているジェラードにとって、本拠地アンフィールドでのラストゲームとなる。同日にマンチェスター・ユナイテッド戦を控えるベンゲル監督は、試合前の記者会見でジェラードに対し賛辞の言葉を贈った。

「彼の素晴らしいキャリアに対し、心からの敬意を表したい。私にとっても彼は非常に素晴らしいプレイヤーだ。自身のキャリアを通じて、彼はクラブに忠実であり続けた。私も彼のような人間でありたい」

 彼ほどのクオリティーを持ったスペシャルな選手をこれから見ることはなかなか出来ないだろう。ホーム最終戦は彼にとってだけでなく、イングランドサッカー界にとっても特別な日となるはずだ」

 リバプールでプロデビューを果たしたジェラードは、17年間クラブにそのサッカー人生を捧げてきた。ベンゲル監督もアーセナルを19年間と長きに渡り指揮していることから、リバプールの偉大なキャプテンにシンパシーを感じているのかもしれない。

【了】

サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング