トゥヘルの第一希望はバイエルン? アーセナル新監督就任の噂を英メディア否定

昨季までドルトムントを率いたトーマス・トゥヘル氏【写真:Getty Images】
昨季までドルトムントを率いたトーマス・トゥヘル氏【写真:Getty Images】

去就注目のドルトムント前監督、アーセナルが接触した事実なしと英メディア報道

 昨季までドルトムントを率いたトーマス・トゥヘル氏の去就が注目を集めている。バイエルン・ミュンヘンからのオファーを断り、アーセナル行きが近づいていると伝えられているが、英衛星放送「スカイ・スポーツ」はこの事実を否定し、アーセナルとはコンタクトをとっていないと報じた。

 ドルトムントでは選手との対立などもあり、2016-17シーズンをもって退団。DFBポカール優勝を置き土産にクラブを去り、新たなクラブでの現場復帰を目指している。

 今季途中に電撃復帰し、バイエルンの指揮を執るユップ・ハインケス監督はシーズン終了後に再び退任することが決まっており、トゥヘル氏はその後釜と見られていた。そうしたなかでドイツ誌「キッカー」では、同氏がバイエルンからの打診を断り、アーセン・ベンゲル監督の後任としてアーセナルの新監督に就任すると報じていた。

 しかし、最新のレポートによれば、この情報は事実無根でありアーセナル側とトゥヘル氏の代理人が接触したという事実はないという。あくまでトゥヘル氏はバイエルンが第一希望で、プレミアリーグでの指揮はプランBのようだ。

 マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督を敬愛する戦術家は、やはり名門バイエルンで再びその手腕を発揮することになるのだろうか。

世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング