バロテッリがフェラーリで175キロの暴走 免許停止&罰金科される

お騒がせストライカーがスピード違反

 リバプールのイタリア代表FWマリオ・バロテッリがスピード違反で800ポンド(約14万円)の罰金と28日間の免許停止処分を科されたと、ESPNが報じている。

 今季ACミランからリバプールに移籍した悪童ストライカーは期待通りの活躍を見せることはできていないが、ピッチ外では相変わらずの“暴走”を続けているようだ。

 バロテッリは昨年12月3日、英マージーサイド州内で愛車のフェラーリを時速109マイル(約175キロ)のスピードで走らせ、警察に車を止められたという。同選手は先週、裁判所の出廷命令を無視したことで、スピード違反騒動は加熱。バロテッリ側は「召喚を受けていない」と主張しているが、これにより、バロテッリは追加の罰金と裁判費用で180ポンド(約3万2000円)の支払いを命じられているという。

 バロテッリは今季リーグ戦1得点と苦しいシーズンを送っている。

【了】

サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング