ハリルJは「無気力」と韓国メディアも酷評 マリに勝てず「批判は避けられない」

「パスも上手くつながらず、クロスも正確性を欠いた」

 日本の試合内容については、韓国のどのメディアも酷評しており、「SPOTV NEWS」も「試合はパスも上手くつながらず、クロスも正確性を欠いた。一方、マリの高い身体能力とフィジカルで押され、守備はかなり苦戦していた。ロシアW杯アジア予選では経験できなかった部分が、短所として表に出た」と、W杯本大会でもアフリカ勢にはフィジカル面で苦戦を強いられると予想している。

 ポジティブな部分として、「本田が入ったことで少しずつパスが回り始めた部分はあった。中島はAマッチデビューながらも同点ゴールを決めてチームを救い、どうにか存在感を示した」と伝えてはいるものの、本大会に向けて光明が差したとは言い難い。

 日本代表の険しい道のりはどこまで続くのか。韓国メディアも、日本の動向を注視している。

(金 明昱 / Myung-wook Kim)


page1 page2

金 明昱

1977年生まれ。大阪府出身の在日コリアン3世。新聞社記者、編集プロダクションなどを経てフリーに。サッカー北朝鮮代表が2010年南アフリカW杯出場を決めた後、代表チームと関係者を日本のメディアとして初めて平壌で取材することに成功し『Number』に寄稿。2011年からは女子プロゴルフの取材も開始し、日韓の女子ゴルファーと親交を深める。現在はサッカー、ゴルフを中心に週刊誌、専門誌、スポーツ専門サイトなど多媒体に執筆中。近著に『イ・ボミ 愛される力~日本人にいちばん愛される女性ゴルファーの行動哲学(メソッド)~』(光文社)。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング