「自分がベストだと言いたい」 C・ロナウド、3年連続ポルトガル最優秀選手賞に自負

レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド【写真:Getty Images】
レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド【写真:Getty Images】

母国の「史上最高の選手」の称号獲得 「最高のプレーを示してきたと信じている」

 レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが現地時間19日、ポルトガル年間最優秀選手に贈られるキナス・デ・オロ賞を受賞。3年連続の栄誉に「僕がベストだと言いたい」と喜びを語った。スペイン紙「マルカ」が報じている。

【PR】Jリーグや海外リーグ戦だけじゃない!マルチ画面型視聴者参加サッカー実況番組『J.ZONE PLUS』もどうぞ!

「忘れていた!」そんなあなたにDAZNの見逃し配信を!

 ポルトガルサッカー連盟(FPF)、サッカー監督協会、選手労働組合が主体となって開催され、監督、選手、ファンの投票で受賞者を決定する同賞。候補にはマンチェスター・シティのMFベルナルド・シウバとスポルティングのGKルイ・パトリシオもノミネートされていたが、ロナウドがライバルを抑え、第1回が行われた2015年から3年連続でポルトガルの「史上最高の選手」の称号を手にした。

 ロナウドは現地時間18日のリーガ・エスパニョーラ第29節ジローナ戦で4ゴールと大暴れし、6-3の勝利に貢献。2018年に入って出場した直近9試合で18ゴールを挙げ、得点王レースで首位を走るアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(バルセロナ)に3得点差に迫る22ゴールとするなど好調を維持しており、その栄誉にふさわしい結果を残している。

 今回で3度目の受賞となったことについて、ロナウドは「この素晴らしい瞬間はチームメイトと分かち合いたい。レアル・マドリードでは、個人でもチームとしても信じられないほど歴史的な1年を過ごすことができた」とコメント。さらに「僕は僕がベストだと言いたい。なぜなら最高のプレーをピッチで示してきたと信じているから」と自身の思いを語ったという。

 バロンドールやFIFA年間最優秀選手賞に続き、1年間で5個目のトロフィーを手にしたロナウド。33歳となり、一時は衰えを指摘する声も上がったが、今なおトップクラスであることを自ら証明した。

世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング