神戸主将ポドルスキ、今季リーグ戦初得点 “世界の左足”に称賛「一人だけ次元が違う」

J1ヴィッセル神戸の元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ【写真:Getty Images】
J1ヴィッセル神戸の元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ【写真:Getty Images】

C大阪との“関西ダービー”で自慢の左足から豪快なグラウンダー弾をお見舞い

 J1ヴィッセル神戸の元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキに待望の瞬間が訪れた。18日に行われた第4節・セレッソ大阪との“関西ダービー”でリーグ戦4試合目にして今季初ゴール。2-0と勝利した試合でダメ押しの追加点を生んだ左足の一撃をDAZN公式ツイッターが動画付きで紹介すると、「一人だけ次元が違う」と驚きの声が上がった。

【PR】J.ZONEにおけるPKの逸話をご存知ですか?答えはDAZN登録後に!

 ホームの神戸は、前半34分にMF藤田直之がクロスのこぼれ球にダイレクトで右足シュートを放ち、豪快にサイドネットを揺らして先制。試合の主導権を握ると、後半38分に今季クラブ史上二人目の外国籍キャプテンに就任したポドルスキが見せ場を作る。

 後方からのロングパスに抜け出してペナルティーエリア右でボールを持つと、中を窺いながら左に、一つ、二つ、三つとドリブルを突き、対峙したC大阪DFマテイ・ヨニッチの隙を突いて左足を一閃。強烈なグラウンダーのシュートが韓国代表GKキム・ジンヒョンを襲い、守護神の手を弾いて待望の追加点を奪った。

 DAZN公式ツイッターは「世界のポドルスキが今季初ゴール!」と速報。投稿のコメント欄には、「一人次元が違う」といった驚きのコメントが寄せられた。試合はそのままリードを守った神戸が2-0で今季リーグ戦初勝利。自慢の左足でゴールをこじ開けたポドルスキも試合後に自身のツイッターを更新し、「素晴らしい勝利&最高の雰囲気!! ダンケ、サポーターそしてダンケ、神戸 もちろん、これからまだまだ行くぜっ」と綴った。新主将が勢いに乗った神戸は、さらに警戒が必要になりそうだ。

あなたのスマホで見られる数々の熱戦、Jリーグ見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング