イブラヒモビッチの代理人がミラン復帰を否定 「戻ることは不可能」

 

「一人の方がマシ」

 

 パリ・サンジェルマン(PSG)のFWズラタン・イブラヒモビッチの代理人が、ACミランの名門再建に向けたイブラ復帰プランを「不可能」と一蹴している。ミラン専門ニュースャンネル「ミランニュース」が報じた。

 スウェーデン代表ストライカーと契約するミノ・ライオラ代理人は、こう語った。

「なぜ、最近話題になっているのか理解できない。何語で話せばいいのか分からないが、同じことを繰り返さなければいけないようだ。ズラタンはミランには戻らない。ミラン復帰は、明確に不可能だ」

 スーパースターは経営状態の悪化したミランで年俸を支払うこと ができず、2012年夏にブラジル代表DFチアゴ・シウバとともにPSGに売却された。ミランのシルビオ・ベルルスコーニ会長は現在、タイの実業家であるビー・テチャウボン氏らアジアのファンドグループと株式の売却交渉を進めている。地元メディアでは、アジアからの資金注入により、イブラヒモビッチの買い戻しに動くとも報じられていた。

 しかし、ライオラ氏は再三にわたって否定し、ファンドグループに対する疑念の声も上げた。

「ロクでもない集団にいるよりは一人の方がマシ、ということわざもある。もう一度言うが、ミランにイブラヒモビッチが戻ることは不可能だ」

 ライオラ氏は、ミランにイブラヒモビッチの年俸を支払うことは不可能とも指摘。イブラ復帰の夢のプランは、現実 的ではないのかもしれない。

【了】

サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング