16歳久保建英、J1公式戦初&ルヴァン杯最年少弾に称賛 「次元が違う」「恐ろしい」

FC東京の16歳MF久保建英【写真:Getty Images】
FC東京の16歳MF久保建英【写真:Getty Images】

新潟戦で後半25分から途中出場 16歳9カ月10日でゴールを挙げ、今季初勝利に貢献

 FC東京は14日、ルヴァンカップのグループステージ第2節でアルビレックス新潟と対戦。途中出場のFW久保建英がJ1公式戦初ゴールとなる決勝弾を挙げ、チームに今季初勝利をもたらした。「自分の人生のなかで一番嬉しい」と語った16歳に対し、「次元が違う」「ヒーロー」「これで名実ともに“東京の建英”」と称賛の言葉が並んだ。

マリノス大津&山中コンビをレベルアップさせたレイソル若手コンビ秘策のリフティングチャレンジとは?

 スペインの名門バルセロナのカンテラ(下部組織)で育った若きクラックが魅せた。

 0-0で迎えた後半25分、久保はMF大森晃太郎に代わってピッチへ。すると出場からわずか6分後、FWディエゴ・オリヴェイラの落としを受けた久保は迷わず、ペナルティエリア内にドリブルで進入。左足を一閃したグラウンダーのシュートは見事ゴール右隅に決まり、チームに先制点をもたらした。

 今季公式戦5試合目にしてトップチームで初ゴール。16歳9カ月10日での得点は、ルヴァンカップ史上最年少記録となった。FC東京は久保の1点を守り切り、1-0で勝利。長谷川健太新監督に初白星をプレゼントした。

あなたのスマホで見られる数々の熱戦、Jリーグ見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング