浦和加入内定のFWナバウト、キャリアの“地獄”から這い上がった男の熱い決意とは?

J1浦和レッズは3月5日、オーストラリア代表FWアンドリュー・ナバウトの加入内定を発表した。戦開幕3試合未勝利と苦しいスタートを切ったが、新助っ人は移籍に際して地元メディアに手記を寄稿しと決意を表している。

浦和加入内定のFWナバウト【写真:Getty Images】
浦和加入内定のFWナバウト【写真:Getty Images】

豪メディアに手記を寄稿 契約満了、政治的理由でクラブを追われ「最悪の事態も覚悟」

 J1浦和レッズは3月5日、オーストラリア代表FWアンドリュー・ナバウトの加入内定を発表した。チームリーグ戦開幕3試合未勝利と苦しいスタートを切ったが、新助っ人は移籍に際して地元メディア「プレイヤーズ・ボイス」に手記を寄稿。壮絶なキャリアを振り返りつつ、「浦和はビッグクラブで常にタイトルを義務付けられている。これまでで最高に力を試される瞬間が来る」と決意を表している。

【PR】試合当日に密着したDAZN×名古屋グランパスのドキュメンタリー番組『The Locker Room』配信中!

 25歳のナバウトは、2014-15シーズン終了後にオーストラリアの名門メルボルン・ビクトリーを契約満了となり、半年間に渡って所属チームがなかったという。その後、マレーシア2部のヌグリ・スンビランに加入し、ゴールとアシストを量産したものの、クラブの政治的な理由で解雇。母国のニューカッスル・ジェッツからのトライアルへの誘いを命綱にプロキャリアを続けるという、苦難に満ちたサッカー人生を送ってきた。

 象徴的なのは、マレーシアからの帰国時に言及した一説だ。

「俺は最悪の事態も覚悟し始めた。プロとしてのキャリアが終わってしまう、と。俺には物事がこんな風に上手くいかない時の“プランB”なんてなかった。俺の人生に、プロサッカー選手であること以上の望みなんてない。周りの奴らは『プロとして頑張れ』『選ばれし才能だ』と言ってくる。いつだって俺もそうでありたかったよ。それが、最悪な日々も努力してきた理由なんだ」

 強烈なハングリー精神を植え付けられるのに十分すぎるほどの体験を振り返った。

あなたのスマホで見られる数々の熱戦、Jリーグ見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング