セビージャのエメリ監督がミラン就任報道を否定「イタリア語の勉強はしていない」

EL決勝進出に大きく前進

 ACミランの次期監督の有力候補に挙がっているスペイン1部セビージャのウナイ・エメリ監督は、来季ミラン監督就任で合意に達したという地元報道を改めて否定した。スペインラジオ局「カデナ・セール」が報じている。

 43歳の指揮官は、7日のヨーロッパリーグ準決勝フィオレンティーナ戦初戦に3-0で勝利を飾った後、来季のミラン監督就任合意に報道について、こう語った。

「心配しないでいい。私はイタリア語の勉強はしていない。すべてウワサにすぎないし、それ以上ではない。セビージャですごく幸せだ」

 セビージャはヨーロッパリーグ決勝進出に大きく前進し、現在リーグ5位で来季のUEFAチャンピオンズリーグ出場圏内の4位バレンシアと勝ち点3差のデッドヒートを展開している。

 一方、アジア人の実業家との株式売却交渉などで激震のミランは、今季セリエAで11位と低迷している。アジアの投資家グループはエメリ次期監督就任で水面下で動いており、すでに合意しているとイタリアメディアで報じられていた。

【了】

サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web
ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング