名実共に世界最高GKへ マンUとGK史上最高年俸約18億円で延長合意か

最大限の条件を提示

 マンチェスター・ユナイテッドのスペイン代表GKダビド・デ・ヘアが、GK史上最高年俸となる1000万ポンド(約18億円)の2年契約で延長合意寸前であることが明らかになった。英地元紙「サン」が報じている。
 今季数々のスーパーセーブでマンUの危機を救ってきたデ・ヘアは、レアル・マドリードのスペイン代表GKイケル・カシジャスの後継者の最有力候補といわれてきた。そのため、たびたび去就問題が取り沙汰されてきた。
 一時は、レアルがデ・ヘアの獲得合意に至っているとも報じられていた。だが、ユナイテッドはPFA年間最優秀選手候補にノミネートされた世界屈指の守護神引き とめに、最大限の条件を提示した。
 現在、カシジャスと、マンチェスター・シティのジョー・ハートの年俸約11億円がGKの最高年俸となっている。デ・ヘアは、これまでのGKとしての年俸を大幅に更新することで、ユナイテッドと合意に達しているという。
 マンUは、巨額の入場者収入と、ブランド力に加え、アディダス社と新たに結んだ総額7億5000万ポンド(約1350億円)という世界最高額のスポンサー契約を背景に、どんな補強でも可能な経済力を誇っている。レアル・マドリードのウェールズ代表FWギャレス・ベイル獲得に約180億円の移籍金を投入するとも報じられている
 現在デ・ヘアよりも実力上位のGKはほとんど存在しないため、高年俸の用意も辞さないということなのだろうか。デ・ ヘア残留となれば、ユナイテッドとしては来季の優勝争いに大きな朗報となりそうだ。
【了】
サッカーマガジンZONE編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web
ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング