スターリングの移籍騒動が終結へ 来季の去就は……

 

来季も残留へ、指揮官「ラヒームは今夏どこにもいかない」

 

 移籍騒動に揺れるMFラヒーム・スターリングは来季もリバプールでプレーする可能性が高いようだ。英地元紙「インディペンデント」が報じている。

 昨季その才能を開花させたスターリングは、FWルイス・スアレスがバルセロナへと移籍したことで今季エースとしてチームをけん引している。しかし、2017年にクラブとの契約満了を迎えるものの、クラブからの契約オファーを固辞しており、その去就が注目されていた。

 マンチェスター・シティやアーセナル、チェルシーが獲得に関心を示していたが、記事の中で、ブレンダン・ロジャース監督は契約延長を果たせなくとも来季スターリングがクラブに留まることを断言している。

「ラヒームは今夏どこにもいかない。たとえ契約延長で合意に達することがなくてもね。皆がトロフィーを勝ち取ることを望み、大きな大会で戦うことを目指す。それは当然のことだ。しかし、何より大事なことは、プレーする機会を確保することだ。その点においては、彼にとってこのクラブは最適であると言える」

 また、ロジャース監督は先日選手たちを家に招待した際、スターリングとじっくり語り合ったことを明かしている。

「彼は私の家を訪れた。仕事やプライベートな話を含め、とても良い会話をすることができたよ。彼はまだ若いし、プロデビューを果たして2、3年しか経っていない。この瞬間においては、ここは彼にとって有意義な居場所であると思う」

 5位リバプールはリーグ戦残り4試合で4位マンチェスター・ユナイテッドに勝ち点7差をつけられているため、欧州チャンピオンズリーグ出場権の獲得が絶望的となっている。20歳のエースはその活躍により移籍金額が高騰しているが、クラブは売却で資金を得るよりも、残りの契約期間を全うさせることを選んだようだ。

【了】

サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング