チェルシー&アーセナル、元バルサ監督「争奪レース」へ イングランド初挑戦なるか

バルサ三冠監督のルイス・エンリケ氏を巡り、チェルシーとアーセナルの監督人事に注目

 成績不振によりアントニオ・コンテ監督の進退問題が浮上している昨季プレミアリーグ王者チェルシー。後任としてバルセロナ前監督のルイス・エンリケ氏招聘の噂が流れ始めていたが、ここにきてアーセン・ベンゲル監督が長期政権を築くアーセナルもスペイン人指揮官への接触を試みていると報じられている。

 アーセナルがエンリケ氏招聘に動くとレポートしているのはスペイン紙「ムンド・デポルティーボ」だ。“ガナーズ”(アーセナルの愛称)は昨夏にベンゲル監督との契約を2019年夏まで延長したが、前倒しで政権交代が起こる可能性が浮上しているという。

 これを受けて、英紙「デイリー・メール」でも「アーセナルがライバル・チェルシーのハイジャックを準備。元バルセロナのルイス・エンリケ争奪レースに参戦」と取り上げられるなど、エンリケ氏を巡るプレミアリーグ2大クラブの監督人事が注目を集めている。

 バルセロナで就任1年目の2014-15シーズンに三冠を達成するなど計3シーズンで9つのタイトルを獲得したエンリケ氏。ロンドン勢から大きな支持を受けているようだが、自身初のイングランド挑戦は実現するのだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング