レアルが今夏ロックオン!? 「C・ロナウドの代役候補11人」を英誌選定、“旬なFW”勢揃い

去就問題浮上の“白い巨人”エース ネイマールら実力者のほか若き逸材も選出

 レアル・マドリードは現地時間3日に敵地でレバンテと対戦し、2-2のドローに終わった。この試合でエースのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、後半37分に途中交代するなど、チームを勝利に導くことはできなかった。今季のリーガで波に乗れないロナウドに代わる「代役候補11人」を、英サッカー専門誌「フォー・フォー・トゥー」が選出。成長が楽しみなティーンネイジャーから、すでに欧州で結果を残しているパリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールなど、錚々たる顔ぶれが名を連ねた。

 5日に33歳の誕生日を迎えたロナウドだが、今季はシーズンを通して低調なパフォーマンスが続いている。そんなロナウドに代わって、新しくレアルに加入するべき選手として、同誌は代役候補11人を選出した。

 まず紹介されているのが、レバークーゼンに在籍するジャマイカ代表FWレオン・ベイリーだ。記事内で「彼のスタイルはロナウドの若い頃に類似する」と紹介されている20歳のFWは、今季のブンデスリーガで17試合8得点6アシストを記録し、印象的なシーズンを過ごしている。もちろん経験値としては決して高くないが、彼が今後ワールドクラスの選手になる可能性を考えると、見逃してはならない逸材だと伝えている。

 その他には、ロシア・ワールドカップで日本と対戦するポーランド代表のエースで、再三にわたってレアル行きが噂されているバイエルンFWロベルト・レバンドフスキや、PSGで圧倒的なパフォーマンスを残しているネイマール、同じくPSGで10代ながら決定的なプレーを連発しているフランス代表FWキリアン・ムバッペらが名を連ねた。さらにロナウドと同じポルトガル人で、今季バレンシアで評価を上げている21歳のFWゴンサロ・ゲデスも選ばれている。

 

page1 page2

トレンド

ランキング