元リオ五輪代表MF矢島、飛躍求め浦和からG大阪へ “14歳差”遠藤から「学ぶべき部分多い」

東京Vとのトレーニングマッチにフル出場 「やっていて楽しい」と充実感

 今季、浦和レッズからガンバ大阪に移籍したリオデジャネイロ五輪日本代表MF矢島慎也は、8日に行われた東京ヴェルディとのトレーニングマッチに90分間フル出場した。移籍からの時間を「やっていて楽しい」とし、元日本代表MF遠藤保仁のプレーについて「学ぶべき部分が多い」と話している。

 矢島は4-3-2-1システムの「3」の右サイドに入ってスタートした。2列目に遠藤とMF倉田秋が入り、矢島は右サイドのビルドアップに関わりつつ、攻撃の時には前線と絡んでいく役割になっていた。

 しかし、この日は東京Vにボールを支配される時間が長く「全体的に守備の部分があやふやだったので、もっと中から発信してハッキリとやった方がいいとは思いました」と、守備に追われる時間が長かった。

 その中で、浦和時代からの持ち味で決定機も演出した。前半20分過ぎ、中央に入った遠藤からのボールで前を向くと、2列目を飛ばして1トップのFW長沢駿に球足の長いスルーパスを通し、GKと1対1のビッグチャンスを作った。長沢のシュートはセーブされてしまったが、浦和時代にもFW興梠慎三が相手の背後を取った時に、振りが小さくスピードのあるパスをピタリと合わせるプレーを得意としており、その武器が生かされる形となった。

 矢島はこのプレーについて、遠藤のポジショニングとボールの質が自分の良さを引き出してくれていると話している。

 

page1 page2

トレンド

ランキング