「彼らに追いつくのは難しい」 元マンUルーニー、宿敵マンCの圧倒的強さに脱帽

首位を独走するシティは「バルセロナのレベルに辿り着こうとしている」

 マンチェスター・ユナイテッドはライバルの首位マンチェスター・シティに残り12試合で勝ち点13差を付けられている。争奪戦のなかでチリ代表FWアレクシス・サンチェス(←アーセナル)の獲得に制したが、元ユナイテッドのエバートンFWウェイン・ルーニーは来季もシティ相手にタイトル争いを制するのは困難と分析した。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じている。

「マンチェスター・シティに追いつくという観点から言えば、今季まだ優勝したわけではないが、正直言って、来季も彼らに追いつくのは難しいだろう。シティは4、5年前のバルセロナのレベルに辿り着こうとしている。こんなことは自分も言いたくないが、時にほとんど完璧なフットボールをしているんだ」

 2004年から17年までユナイテッドでプレーし、数々の栄冠をもたらしたルーニーの目から見ても、シティとの差は簡単に埋めがたいほどに広がってしまったという。

「グアルディオラはあのバルセロナのチームと競えるように基礎を築いた。そして、それが奏功している。あと夏に一人か二人補強できれば、そこまで(当時のバルセロナ)との差は開いているとは言えないだろう」

 今季エバートンに復帰し、対戦して感じた古巣ユナイテッドとシティの力量差は大きいようで、ルーニーも名将ペップの手腕に脱帽せざるを得ない様子だった。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

トレンド

ランキング