元スペイン代表MFシャビ・アロンソが日本代表を評価「W杯グループリーグは突破する」

日本代表は「戦いにくいチーム」と語り、その理由についても明かす

 かつてスペイン代表や所属クラブで華麗なプレーを披露し、昨季限りで現役から引退した元スペイン代表MFシャビ・アロンソ氏が、6月のロシア・ワールドカップ(W杯)に出場する日本代表について言及。バヒド・ハリルホジッチ監督が率いるチームについて「グループリーグは突破すると思う」と太鼓判を押している。「Omnisport」のインタビューで語った。

 レアル・マドリードやバイエルン、リバプールなどで活躍したシャビ・アロンソ氏は、スペイン代表で通算114試合16ゴールをマークするなど、流麗なパスワークを武器とする代表チームにあって司令塔の役割を長年担ってきた。

 2008年の欧州選手権(EURO)で自身初めての代表でのビッグタイトルを獲得。すると2010年の南アフリカW杯では全試合に出場して初優勝に大きく貢献し、2012年のEUROでも全試合先発で史上初の大会連覇を成し遂げた。まさにスペイン黄金期を築き上げた一人だが、そんな伝説的司令塔がロシアW杯に出場する日本代表について語っている。

「日本代表がロシア・ワールドカップでどこまで勝ち進められるか分からないが、相手チームから見ると日本代表は戦いにくいチームだと思う」

 ハリルジャパンを“戦いにくい”と評したシャビ・アロンソ氏。「しっかりと組織されたチーム」と理由の一つを明かしている。またロシア大会での展望についても言及し、勝ち上がる可能性は十分と見ているようだ。

 

page1 page2 page3

トレンド

ランキング