“片足高速タッチ”から圧巻のループ弾! ネイマールの美技に絶賛「GKを無力化した」

地元サンパウロで行われたチャリティーマッチに出場、観客の度肝を抜くスキルを披露

 フランス1部パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールは、23日に地元サンパウロで行われたチャリティーマッチ「Ball Hunger Only」に出場し、圧巻のテクニックで観客を沸かせた。

 ネイマールは20日にリーグ・アン第19節本拠地カーン戦(3-1)に出場し、PSGでの今年ラストマッチを終えて母国に戻ると、地元サンパウロで開催されたチャリティーマッチに参戦。かつてPSGなどで活躍したヴァスコ・ダ・ガマMFネネのチームに名を連ねて後半から出場し、早々に観客の度肝を抜くスキルを披露した。

 スルーパスに反応したネイマールは、持ち前のスピードを生かして相手最終ラインの裏を突くと、相手GKと1対1の場面を迎える。飛び出した相手GKに間合いを詰められてボールをコントロールし損なったネイマールだが、ここから千両役者ぶりを見せた。

 やや流れたボールに対して反転しながら反応すると、ターンと同時に右足でボールをひょいと上げ、息つく間もなく右足でシュート。約1メール前にGKが立ち塞がり、相手DFもカバーリングに入っているなか、もはやコースはないかと思われた。しかし、ネイマールが刹那に選択したシュートコースは空中。片足の高速タッチから放たれた一撃は、GKとDFを嘲笑うかのように鮮やかな放物線を描き、ゴールへと吸い込まれた。

 

page1 page2 page3

トレンド

ランキング