大久保嘉人はバルサ派?レアル派? 注目のクラシコで熱望「チンチンにしてほしい」

レアルとバルサの両クラブと対戦した大久保、銀河系軍団は「凄かったですね」

 

 スペインを代表する二大クラブ、レアル・マドリードとバルセロナが激突する“エル・クラシコ”が23日(現地時間13時/日本時間21時)に行われる。Jリーガーも注目する大一番だが、FC東京の元日本代表FW大久保嘉人は、クラシコで「チンチンにして勝ってほしい」とリクエスト。日本屈指のストライカーが贔屓にしているクラブは――。

 

 かつてスペイン1部マジョルカで2004-05シーズンから2シーズン在籍した大久保は、通算39試合5得点の成績を残した。レアルとバルサの両クラブとも対戦経験があるなか、当時のレアルについて次のように回想している。

 

「ベッカム、ロナウド、ジダン、ロビーニョ……凄かったですね」

 

元イングランド代表MFデイビッド・ベッカム、元ブラジル代表FWロナウド、元フランス代表MFで現レアル監督のジネディーヌ・ジダン、元ブラジル代表FWロビーニョの名前を挙げ、“銀河系軍団”のインパクトは特大だったと語る。

 

 一方、バルサについては「ロナウジーニョやデコ、プジョル、エトー」と想いを馳せた。元ブラジル代表FWロナウジーニョ、元ポルトガル代表MFデコ、元スペイン代表DFカルレス・プジョル、元カメルーン代表FWサミュエル・エトーを名指しした。そして、ある選手は別格の印象のようだ。

 

トレンド

ランキング