最新FIFAランク発表! 日本は55位から57位に後退、W杯出場32カ国中29番手に

トップ35位まで順位変動なし アジア主要国では日本、韓国、中国がランクダウン

 国際サッカー連盟(FIFA)は21日、最新のFIFAランキング(12月)を発表した。

 前回(11月発表)で44位から55位に後退した日本だが、今回57位とさらに二つ下がり、アジア全体では変わらずに3番手となった。アジアでトップの座を維持し続けているイランは前回と同じく32位をキープ。二番手のオーストラリアは39位から38位に浮上した一方、韓国は59位から60位と後退している。サウジアラビアは63位で変わらずとなり、中国は60位から71位と大幅に下がった。

 世界の上位国では、首位ドイツ、2位ブラジル、3位ポルトガル、4位アルゼンチン、5位ベルギーをはじめ、トップ35まで順位変動はなかった。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

トレンド

ランキング