“忍者タートルズ”が乱入、ブラジル代表DFがお茶目対応 英紙仰天「奇妙だが平和的」

忍者タートルズの格好をしたファンが乱入、PSGのFWムバッペと抱擁

 フランス1部のリーグ・アンで首位を走るパリ・サンジェルマン(PSG)は、現地時間16日の第18節、敵地レンヌ戦で4-1と完勝した。ブラジル代表FWネイマールが2ゴール・2アシストと全得点に絡む出色のパフォーマンスを披露したが、後半途中に思わぬハプニングが発生し、大きな話題を呼んでいる。

 家庭の事情で一時ブラジルに帰国していたネイマールが3試合ぶりに復帰すると、圧倒的な存在感を示す。前半4分に先制弾を叩き込むと、同17分にはフランス代表の18歳FWキリアン・ムバッペの追加点をアシスト。1点を返されたものの、後半30分にはネイマールの絶妙なパスから、ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニがゴールを決めた。

 PSGの選手たちが歓喜の輪を作るなか、ここで思わぬ侵入者が現れる。スタンドから乱入したPSGのファンと思しき二人が、試合中のピッチに入り込み、選手の元へ駆け寄った。ここまでは決して珍しくない光景だが、その二人は緑色のコスチュームに身を包んでいたのだ。それは人気アニメ「忍者タートルズ」の格好だった。

 PSGのFWムバッペが忍者タートルズのキャラクターに似ているとして、ブラジル代表DFチアゴ・シウバが忍者タートルズの仮面を冗談でプレゼントするなど、以前からチーム内でもいじられていた。どうやらファンもそれに乗っかった形で、乱入した二人はムバッペに抱擁を求めている。

 

page1 page2 page3

トレンド

ランキング