「ホント情けなかった」 日本代表DF昌子、韓国との“ある差”に衝撃「普通に強かった」

先制するも、その後に4失点で韓国に完敗 「むちゃくちゃブロックを作るのが早かった」

 バヒド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表は、16日のE-1選手権・韓国戦で1-4と敗れて2大会ぶりの優勝を逃した。開始早々にPKで先制点を奪った日本だが、その後に4失点と大敗。日本代表DF昌子源(鹿島アントラーズ)は、「韓国が普通に強かった」と衝撃を受けたようだ。

 日本は開始早々の1分にFW小林悠(川崎フロンターレ)のPKで先制したが、すぐに主導権は韓国へと移り、その後は圧倒される展開となった。前半のうちに3失点し、さらに後半にも1失点で、終わってみれば1-4と守備が崩壊して完敗している。

 本拠地の日韓戦で4失点以上の黒星は、1954年3月7日以来、実に63年ぶりという屈辱。「もうね、やっている俺らが一番悔しい」と昌子は苦しい胸の内を明かしている。「でも韓国が普通に強かった」と続けると、日本と韓国のある差について指摘した。

「(韓国は)むちゃくちゃブロックを作るのが早かった。小っちゃい差が大きな差だった。オレらがボールを持った時、9番(韓国FWキム・シンウク)を含めて俺の前にいる。『あれ、俺さっきコイツからボール取らんかったっけ?』ぐらいの勢いで、みんなバッと付く」

 

page1 page2

トレンド

ランキング