「最初、ふざけんなよと」 日本代表FW小林が明かす、韓国戦“PK弾”の舞台裏とは?

開始1分に小林が冷静にPKを沈めて日本が先制…キックのコースを指定していたのは愛息

 バヒド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表は、16日のE-1選手権・韓国戦で1-4と敗れて2大会ぶりの優勝を逃した。開始早々に先制した日本は、その後に4失点と大敗したが、開始1分のPK成功にはある秘話がある。2戦連続ゴールを決めた日本代表FW小林悠(川崎フロンターレ)が明かした。

 まさに電光石火の早業だった。試合開始直後から敵陣内で攻撃を仕掛けた日本は、浮き球のパスに対して小林が頭でそらしたところ、ペナルティーエリア右に入り込んだFW伊東純也(柏レイソル)が自慢の俊足をかっ飛ばし、反応が遅れたDFチャン・ヒョンス(FC東京)が手を使って伊東を倒したとしてPKを奪取した。

 キッカーを務めたのは、今季Jリーグで得点王とMVPをダブル受賞した小林。今大会で代表のエースとして君臨する男がPKスポットにボールをセットする。相手GKの目視しながら気持ちを落ち着かせ、キックのコースを逡巡しているように思われた。ところが、すでに試合前からPK時に蹴るコースは、ある人物の言葉で決まっていたという。

 PKキッカーを小林が担当するのは事前のミーティングで決まっていたが、そのコースを指定していたのは小林の愛息だった。「子供に今日も聞きました」と明かしている。

 

page1 page2

トレンド

ランキング