韓国に4失点、先制弾の小林「下がりすぎ」と守備の問題点指摘 「余っている選手もいた」

守備が機能しなかったハリルJ 「後ろの3枚を一人で追っている感じだった」

 

 エースの座を託された男の奮闘も虚しく、日本は宿敵・韓国にE-1選手権のタイトルを奪われた。今大会2得点のFW小林悠(川崎フロンターレ)は1-4で敗れた16日の韓国戦後、チーム全体の連動した守備が機能しなかったことを課題に挙げた。

 

 日本はE-1選手権で2大会ぶりの優勝を目指して韓国と対戦。開始1分にMF伊東純也(柏レイソル)がPKを獲得し、これを1トップで先発した小林が決めて幸先良く先制ゴールを奪った。

 

 しかし、その後は韓国にペースを握られてしまい、前半のうちに3失点。後半にもさらに1失点し、1-4と大敗した。

 

「まず後ろが重たかった。下がりすぎていた。ディフェンスの時、余っている選手もいた。前に押し出せれば良かったと思います。(韓国の)後ろの3枚を一人で追っている感じだった」

 

 試合終了直後のインタビューで、小林はこう語っている。ロングボールを多用するも、相手に簡単にボールを奪われていた日本。相手がボールを持っていた場面では最前線の小林が単独でプレスをかける場面が目立つも、その後に続く選手がおらず、奪いどころを見つけられなかった。

 

 J1得点王とMVPをダブル受賞したストライカーは、「ちょっといい守備ができればいい攻撃ができたかな」と悔しさを露わにした。国内組のみのメンバー構成で、連携不足が露わになる結果となった。

 

【了】

 

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

 

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

トレンド

ランキング