「君の方がこの賞に値する」 TVカメラ前で栄誉を譲ったアザールの粋な計らいが話題

ハダースフィールド戦のMOMに選出も、1得点2アシストのウィリアンに譲る

 チェルシーは12日のプレミアリーグ第17節、ハダースフィールドとの一戦を3-1で快勝し、前節のウェストハム戦での敗戦を払拭する勝利を飾った。この試合後に英衛星放送「BTスポーツ」のインタビューで、ベルギー代表MFエデン・アザールが、ブラジル代表MFウィリアンに対してとった行動が話題を呼んでいる。英紙「デイリー・メール」が報じた。

 ハダースフィールドとの一戦で輝いたのはウィリアンだった。前半にMFティエムエ・バカヨコの先制点をアシストすると、自身もDFマルコス・アロンソのクロスにヘディングで合わせてゴールをゲット。後半にはMFペドロのゴールもアシストし、3-1の勝利に貢献した。

 しかし、この日のマン・オブ・ザ・マッチに選ばれたのはアザールだった。試合後、ウィリアンとともにTVインタビューに応じたアザールは、インタビュー開始から笑いを抑えるのを我慢しながら自身のパフォーマンスについて自賛していたのだが、インタビューが終わりに近づき、インタビュアーに「このトロフィーを渡してあげてください」と頼まれたウィリアンからトロフィーを渡されると、すぐに「これは君のためのものだよ。君の方がこの賞に値するよ」と言って、トロフィーをウィリアンに贈呈したのである。

 戸惑った素振りを見せるウィリアンは「君のためのものだよ」と返そうとするものの、アザールは「いやいや、これは君のためだ」と遮り、最後はウィリアンが「ありがとう」と言ってインタビューは終了。この行動に対して多くのサポーターが反応し、「なんてスポーツマンシップがある男なんだ」、「彼の心は寛大だ」、「最高の紳士」というコメントに溢れていた。

 アザールとウィリアンの活躍もあって、ハダースフィールドに勝利したチェルシーは暫定3位に浮上。美しき友情が、プレミアリーグ王者にさらなる勢いを与えるかもしれない。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング