ネイマールに「私なら噛みつく」 元仏代表監督がPSGと戦う古巣に衝撃アドバイス

ドメネク氏がストラスブールの公式サイトで語る

 元フランス代表監督のレイモンド・ドメネク氏が、2日にパリ・サンジェルマン(PSG)と激突する古巣ストラスブールに対して、相手エースのブラジル代表FWネイマールを止めるために「私なら噛みつく」という衝撃発言に出ている。クラブ公式サイトで語った。

 2010年の南アフリカ・ワールドカップ(W杯)での惨敗とチーム内での造反劇によって、母国フランスですっかり評価を落としているドメネク氏は、1977年から81年まで所属したストラスブール公式サイトのインタビューに応じた。81-82シーズンにPSGでプレーしていた同氏は「ストラスブールとPSGで心が割れているのでは?」との質問を受けると、立場を明確にしている。

「それはバカな質問だ。個人的にはラシン(ストラスブール)だ。私のキャリアで最も最高の瞬間だった。自分たちでも驚くような別格の経験ができた。フランス王者のモナコ相手に勝利したことを覚えているんだ」

 ストラスブールへの愛情を示したドメネク氏は、現役時代にDFだった経緯からPSGのエースを封じる衝撃のプランを提案している。

 

page1 page2

トレンド

ランキング