なぜ電光看板へパス!? ポルトガル代表MFが犯した「戦慄のミス」 英紙「滑稽な理由」

スウォンジーMFサンチェス、余裕を持って左サイドへパスするも…

 16年の欧州選手権優勝に貢献した男のパスミスに、指揮官も思わず頭に手を置き落胆を隠せなかった。プレミアリーグのスウォンジーは現地時間11月29日のリーグ第14節、敵地チェルシー戦で0-1と敗戦。この一戦でポルトガル代表MFが観る者の意表を突くミスを犯し、大きな話題を呼んでいる。

 その場面はチェルシー戦の前半36分に訪れた。パスの出し手は、ポルトガル代表の20歳MFレナト・サンチェスだ。18歳で迎えた16年6月の欧州選手権で同国代表の初優勝に貢献し、バイエルンへ移籍。今夏にスウォンジーへ期限付き移籍し、「欧州のエリートの若きタレントの一人」として期待される有望株だ。

 チェルシー戦で先発したサンチェスだが序盤からややプレーの精度を欠き、前半36分にフリーの状態でボールを持つと、周囲を見渡しながら余裕を持って左サイドへ横パス。ところが、タッチライン際に味方はおろか、敵もおらず、その先には電光看板があるのみだった。

 電光看板には、とある飲料メーカーの水牛を模したロゴが映し出されていたが、スウォンジーのユニフォームに似た色をしており、サンチェスはそれを味方と勘違いしてパスを出してしまったのだ。これを見ていたスウォンジーのポール・クレメント監督は信じられないという仕草で顔を伏せたが、一連のプレーが英メディアでも反響を呼んでいる。

 

page1 page2 page3

トレンド

ランキング