英紙が「世界の注目ヤングタレント60人」を選出 日本から唯一選ばれた逸材は…

2000年生まれの選手が対象 U-17日本代表MF平川がノミネート

 世界中から将来を嘱望される選手が集うU-17ワールドカップ(W杯)が、現地時間6日にインドで開幕する。各国メディアは今後のサッカー界を担うと目される注目株を紹介しているが、英紙「ガーディアン」は2000年生まれの選手を対象に「世界の注目ヤングタレント60人」を選出。日本からはU-17日本代表のMF平川怜(FC東京U-18)が唯一紹介されている。

 同紙は平川について、「深い位置での中盤だが、ナンバー10(トップ下)やセンターバックとしてもプレー可能だ」とポリバレント性のある選手として紹介。17歳ながらユースチーム、そしてJ3のFC東京U-23でもプレー機会を得ていることについても触れている。

 記事では、平川のストロングポイントとして「素晴らしい視野の広さとポジショニングの良さ」を挙げており、カテゴリーの異なる2チームでプレーすることによって「手堅い守備力とボールを奪い取っていくスキル」を身につけてきたとも評価している。

 これまでU-17日本代表の注目選手と言えば、平川のチームメイトで、バルセロナの下部組織に所属経験のあるFW久保建英が、海外メディアで取り上げられることが多かった。今回は2000年生まれ限定の特集で、01年生まれの久保は対象外だったとはいえ、FC東京の下部組織で着実に実力を伸ばしてきたプレーメーカーにも、いよいよ世界が気づき始めた模様だ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド