辞任浮上の伊代表コンテ監督が伊サッカー協会会長と会談へ

 

地元紙が緊迫の状況を連日報道

 

 イタリア代表のアントニオ・コンテ監督が9日、電撃辞任に向けてイタリアサッカー協会のカルロ・タベッキオ会長と会談を持つとイタリア地元紙コリエレ・デロ・スポルトが報じている。

 昨年、3連覇中のユベントスを辞任し、イタリア代表監督に就任したコンテ氏。2016年の欧州選手権に向けて強化を進めてきた同氏はすでに退任を覚悟しているという。

 常々代表強化に関するクラブ側の非協力的な態度に苛立ちを覚えていたという指揮官だが、イタリアカップ決勝の日程が未だ決まらず、合宿や練習試合の予定が立てられないことに激怒。2月に予定していた強化合宿に首位ユベントスと2位ローマが選手の参加を拒否し、中止となったことも退任を考える理由となっているという。

 コンテ氏には来季フィリッポ・インザーギ監督の後任としてACミランやパリ・サンジェルマンの監督就任の可能性も浮上している。

【了】

サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング