今季ミランで復活のスペイン代表ウインガー 古巣バルサ復帰が決定的に

バルサが買い戻しオプションを行使へ

 今年1月からACミランでプレーしていたスペイン代表FWジェラール・デウロフェウが、古巣バルセロナに復帰することが決定的になった。英紙「ザ・タイムズ」などが一斉に報じている。

 エバートンで出番のなかったウインガーは、1月にミランへ期限付き移籍し、公式戦17試合で4得点3アシストをマーク。その活躍が認められる形でスペイン代表にも復帰し、現在U-21スペイン代表の一員としてU-21欧州選手権に参戦している。

 ミランは今夏、完全移籍での獲得に動いていたが、バルセロナが2015年にエバートンに放出した際、買い戻しオプションを契約に盛り込んでいた。

 バルセロナはアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、ウルグアイ代表FWルイス・スアレス、ブラジル代表FWネイマールという世界最強3トップ“MSN”が健在で、仮にデウロフェウが古巣復帰を果たしても、控え扱いになりそうだ。その一方で、バルセロナの支払う買い戻し額は1200万ユーロ(約15億円)と安価のため、転売の際も売却益を望めそうだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング