欧州移籍の日本代表MF「どこのモデルさん?」 歓迎の新ユニ公開でファン歓喜「大人の表情」

ザルツブルクへ完全移籍した川村拓夢【写真:Getty Images】
ザルツブルクへ完全移籍した川村拓夢【写真:Getty Images】

川村拓夢がザルツブルクと4年契約

 日本代表MF川村拓夢は6月24日、サンフレッチェ広島からオーストリア1部レッドブル・ザルツブルクへ完全移籍した。新ユニフォームに身を包んだ姿には、ファンも期待と歓喜の声を上げている。

 現在24歳の川村は、15日に海外クラブへの移籍を前提とした手続きと準備のため広島を離脱。同クラブユース出身で、2018年にトップチームに昇格。翌年から3年間は愛媛FCでのレンタル移籍を経験し、22シーズンより広島に復帰する。今季はここまでJ1リーグ14試合1ゴールの成績を残していた。

 日本代表としても6月シリーズで招集され、6日のミャンマー戦、11日のシリア戦の2試合で途中出場。今後のキャリアに期待が高まる選手の1人だ。24日にザルツブルク側も公式に移籍を発表し、SNSでは新ユニフォームに身を包んだ姿も公開された。

 ソファーに座り雑誌を手にしたユニフォーム姿の川村。そのほかにも日本国旗を持った一枚や、薄暗い雰囲気のなかでカメラ目線のショットも。また別の投稿では、漫画風に描かれた川村のイラストも登場している。ファンからは「どこのモデルさん…?」「大人の表情」「イケメンすぎる」「カッコイイ」「写真集出せる」と反響が広がっていた。

 ザルツブルク公式サイトによると、川村とは4年間の契約。同クラブにとって三都主アレサンドロ(2007年)、宮本恒靖(2007~2009年)、南野拓実(2015~2020年)、奥川雅也(2015~2021年)に続く5人目の日本人選手の獲得となった。背番号は16を着ける。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド