サッカー・元イタリア代表レジェンドが緊急搬送 強盗&暴行被害に嘆き「何てことを」

元イタリア代表のロベルト・バッジョ【写真:Getty Images】
元イタリア代表のロベルト・バッジョ【写真:Getty Images】

ロベルト・バッジョ氏ら家族が強盗の被害

 元イタリア代表の“ファンタジスタ”であるロベルト・バッジョ氏に関する衝撃的ニュースが報じられた。武装した強盗の被害に遭ったと伝えられており、その容体が心配される。

 事件が起こったのは、欧州選手権(EURO)のグループB第2節スペイン代表vsイタリア代表の試合が行われている最中だった。英紙「ザ・サン」はイタリアメディア「Corriere del Veneto」の報道を引用しつつ「EUROの自宅観戦中に、武装した凶悪犯に強盗され暴行を受けた後、病院に緊急搬送された」と事件のあらましを伝えた。

 同紙によると、武装した男5人が所有地に侵入したとされる。応戦したバッジョ氏だが「彼らを阻止することができず、彼と彼の愛する家族たちはクローゼットに閉じ込められてしまった」という。

 自宅からは時計や宝石が盗まれ、本人も「約40分間続いた」「悪夢だった」と、事件について語っている。病院で負傷箇所の縫合が必要となったとされるが、現在警察が捜査中となっている。元イタリア代表の名選手が、痛ましい事件に巻き込まれSNS上でも「殺されなくて良かった」「命に別状がないことは不幸中の幸い」「マジか」「大丈夫?」「何てことを…」と衝撃が広がっていた。

(FOOTBALL ZONE編集部)



page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング