菅原由勢が「ポルシェ」を堪能 “3000万円超”高級車との佇まいに注目「やっぱりカッコいい」

日本に帰国中の菅原由勢【写真:徳原隆元】
日本に帰国中の菅原由勢【写真:徳原隆元】

菅原由勢が公式インスタグラムで公開

 オランダ1部AZアルクマールに所属する日本代表DF菅原由勢は5月29日に行われたスペイン1部レアル・ソシエダ対J1東京ヴェルディで、初解説を務めた。日本代表MF久保建英との絶妙な掛け合いに多くのファンを楽しませたなか、自身の公式インスタグラムでは高級車との“2ショット”を公開している。

 現在23歳の菅原は名古屋グランパスの下部組織出身で、2019年6月に名古屋からAZへ期限付き移籍加入。20-21シーズンから完全移籍へ移行し、今季で5シーズン目を迎えた。今夏はステップアップの噂も何度か上がっており、イタリア1部インテルのほか、エバートンやブライトンのプレミア勢や、ブンデスリーガのヴォルフスブルクからも熱視線が送られているようで、2025年6月いっぱいでAZと契約が切れることから、去就動向が注目を浴びている。

 オフに突入しても、仲のいい久保が在籍するソシエダ対東京Vを解説するなど大忙し。6月3日からは日本代表の合宿に参加する。そんななか、束の間の休息でポルシェスタジオ銀座を訪れたようだ。

 公式インスタグラムでは「ずっと憧れていたポルシェの魅力を体験できる最高の場所でした!」と、久保の紹介で訪問したことを明かした。ドイツの高級車「ポルシェ」を堪能した菅原は1300万円超の「タイカン」や3000万円超の「911ダカール」と佇む様子を公開。「ポルシェってやっぱりカッコいい」と“ゾッコン”となった様子を綴っていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド