リーガ史上初の珍事! グラナダ先発11人の国籍が全て異なる“多国籍軍”に

スペイン、アフリカや南米出身者などが並ぶ さらに11人中7人が期限付き移籍組

 リーガ・エスパニョーラのグラナダは18日に行われた第23節の本拠地ベティス戦で4-1の勝利を収めた。この試合でグラナダはスタメン11人が全て異なる国籍の選手という珍しい事態となり、英紙「デイリー・メール」はリーガ史上初の出来事だと報じている。

 グラナダのスタメンにはスペイン人選手をはじめ、アフリカや南米まで幅広い顔ぶれが並んだ、ベティス戦のスタメンと国籍は以下の通り。

GK

ギジェルモ・オチョア(メキシコ)

DF

ディミトリ・フルキエ(フランス)

マルタン・オングラ(カメルーン)

スヴェリル・インギ・インガソン(アイスランド)

ガストン・シウバ(ウルグアイ)

エクトル・エルナンデス(スペイン)

MF

ウチェ・アグボ(ナイジェリア)

ムバラク・ワカソ(ガーナ)

アンドレアス・ペレイラ(ブラジル)

FW

メフディ・カルセラ=ゴンサレス(モロッコ)

アドリアン・ラモス(コロンビア)

 見事なまでにスタメン11人の国籍はバラバラになっている。

 2014年ブラジル・ワールドカップで大活躍したメキシコの守護神GKオチョアや、ユナイテッドから加入した技巧派MFペレイラ、今冬にドルトムントから獲得し、今季終了後には中国1部・重慶力帆移籍が決定しているFWラモスなど要所に実力者が名を連ねているが、珍しいのは多国籍だけではない。この日のスタメンのうち、上記の3人を含む7選手が期限付きの新加入組となっている。

 リーガ19位と降格圏に沈む多国籍軍団は、ここから巻き返すことができるだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング