アーセナルの英国代表MF、SNSで不手際発覚! 誤操作と釈明も…ベンゲル監督解任を支持? 

 

チェンバレンがツイートに「いいね」 これがすぐさま拡散されて大きな話題に

 アーセナルのイングランド代表MFアレックス・オックスレイド=チェンバレンが、SNS上でアーセン・ベンゲル監督の解任を支持していると誤解されてもおかしくない不手際が発覚し、ファンの間で拡散されている。本人は必死の火消し活動に追われていると、英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じた。

メッシ、C・ロナウド、ポグバら世界最高峰のプレーをチェック! スポナビライブでプレミア&リーガ全試合ライブ配信中【PR

 騒動の発端は、ツイッター上でチェンバレンのアカウントが、アーセナルファンに人気のYoutubeチャンネル「Arsenal Fan TV」のアカウントによるツイートに「いいね」を付けていることが発覚したこと。そのツイートは「ベンゲルは出て行く必要がある」と題された動画を紹介しているものだった。

 情報に敏感なファンは証拠となるスクリーンショットをすぐさまツイッターに投稿。これが12万5000人以上のツイッターフォロワーと32万5000人以上の視聴者登録数を誇る「Arsenal Fan TV」のツイッターアカウントに拡散されて大きな話題となった。

 チェンバレンは騒動を受けて「いいね」を即座に取り消し、「あの投稿を気に入っているという意味ではない。いいねしたことすら気づいていなかったよ」と釈明。誤操作によるものだったと強調した。

 アーセナルは、チェンバレンが先発フル出場した4日のチェルシー戦で1-3と大敗。暫定3位のアーセナルと首位チェルシーとの勝ち点差が12に広がり、優勝争いから大きく遅れを取った。この結果、ツイッター上では「ベンゲル、アウト」がトレンド入りするなど、解任騒動が過熱していたところだった。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング