チェルシーに駆け込み補強が浮上! セルティックの20歳新鋭FWを42億円で獲得狙う

フランスの新星ムサ・デンベレに照準 セルティック側は放出に否定的

 プレミアリーグ首位のチェルシーが、冬の移籍市場最終日にセルティックから滑り込み補強を行う可能性が浮上している。今季スコットランドでゴールを量産中のU-21フランス代表FWムサ・デンベレに3000万ポンド(約42億円)という値札を付け、獲得を目指していると英紙「ガーディアン」が報じた。

 デンベレはフランス名門パリ・サンジェルマンのユースチームを経て、2012年に当時プレミアリーグだったフルハム(2部)に加入した。昨夏にセルティックへ移籍すると背番号10が与えられ、今季はここまで公式戦38試合で20得点とゴールを量産している。セルティック側は放出に否定的な考えを示しているというが、チェルシーは今冬中に取引をまとめたいと考えているようだ。

 20歳の新星は、トットナムでプレーするベルギー代表MFムサ・デンベレと同姓同名ということでも知られている。またセルティックには、昨年13歳でU-20チームでのデビューを果たした新星MFカラモコ・デンベレが所属している。ニュースター候補の新たな“デンベレ”の活躍ぶりは、プレミアリーグ首位のチェルシーの目に止まったようだ。

 チェルシーは同じく、セルティックからスコットランド代表GKクレイグ・ゴードンを獲得するとの噂が伝えられていた。一方、セルビア代表DFブラニスラフ・イバノビッチはゼニトへ、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表GKアスミル・ベゴヴィッチにはボーンマスへの移籍など放出の話も持ち上がっており、移籍マーケット閉幕間際に戦力の入れ替えが起こる可能性がある。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング